意外と知られていない?ボートレースはSDGsなスポーツ!?

こんにちは、西野です!


ボートレースのCMってよく見ませんか?

テレビをつけているとボートレースのCMでボートが水しぶきをあげているのが印象的です。

レースは激しい印象があり、男性の競技なのかと思い調べてみると実は女性のボートレーサーも活躍していると知りました。


今日はその女性ボートレーサーの中でも、静岡県森町出身のイケメンとして注目の若手選手である森下愛梨選手を紹介しながら、ボートレースをSDGsの関係性の観点でみていきます。




なぜ、ボートレースというスポーツを選択したのか


森下愛梨選手は5年前、ボートレースの世界に飛び込みました。

母親とともに浜名湖のレースを観に行ったときに「かっこいい!レーサーになる!」ときめたそうです。

それに加えて、ボートレースは「性別にとらわれない競技」であり、森下選手はそこに魅力を感じていたそうです。

ボートレースの歴史は古く、終戦から7年後の1952年に設立され、当時から男女混合でスタートしています。

現在、全レーサー約1600人のうち15%が女子レーサー。女子選手限定のレースもありますが、多くは男女混合のレースです。

性別による体格差や健康面へ配慮し、「男子52kg以上、女子47kg以上」と体重制限の違いはありますがそれ以外は同じ条件で競います。使用する機材も同じなのだとか。


なんとレースの報酬も同じなのだそう。


他のスポーツでは同じ競技でも男女間で人気や実力に差が出て、それが報酬に反映されることもあります。

しかし、ボートレースは男子選手と同等の報酬を得られるとあって年々志望する女性は増加し、2022年1月現在の女子選手は241人。30年前の129人と比べ2倍に増えました。


森下選手も

「男女が一緒に戦えるところがすごく魅力的」「一緒に戦えるところがすごく良い」

とインタビューで答えておられました。


これからの想い

森下選手は長嶋万記さんという師匠についており、「長嶋さんが寄付活動をしているので見ていました。私もやりたいと思ったところから、未来ある子供たちに輝いてほしいと、2年前から自分で制作したTシャツなどのグッズの売上の一部を児童養護施設に寄付しています。」

身近に慈善活動をやっている方をみて、、森下選手自身も「人に応援される競技なので応援に応えたい」という想いを持ったのだとか。

レースで稼いだ賞金を寄付したり応援の恩返しの意味で活動している方も多いのだそうです。


社会貢献活動をしていくことが、ボートレースへの関心を生み、ボートレースがどういうものなのかボートレーサーはどんな人なのかと興味を持つ人が増えると思います。そのボートレーサーの活動がSDGsを知る機会にもつながります。


さいごに

もともと私は、「ボートレースは賭け事なのだろう」という偏見を持っていました。そのためあまり詳しく知ろうと思わなかったのですが、ボートレース自体がSDGsと関連性の高いスポーツであったり、レーサーが積極的に慈善活動を行っていたりと様々な形で貢献していることがわかりました。


子供達の未来を考えて仕事をしているのはとても素敵なことだと思います。私もそういう立ち位置で、仕事だったり、寄付であったり活動を通して世の中に貢献できるように努めてまいります。


それでは、また。次回のブログで。



参考サイト

https://www.fnn.jp/articles/-/361177


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

若手で活躍する女性経営者

こんにちは、西野です!


みなさん突然ですが、日本における女性の経営者の割合をご存知ですか?

我々の株式会社ANの代表を努める向山かおりも女性の経営者です。

向山は、元銀行員のところから現在の経営の師との出会いをきっかけに努力する方向性を変えて経営者の道を選択しています。


私にとっては向山は身近にいますが、「日本における女性の経営者の割合」はなんと14%ほどしかいないのです。

本日は、女性経営者として若くしながら活躍している方を紹介していきます。

その方とは、美容業界で成長を続ける29歳のディネット株式会社の尾崎美紀代表です。


2017年尾崎さんは大学4年生のときに会社を立ち上げました。


大学生の頃から起業するというのは驚きですね。


美容に特化したメディアを運営し、2019年に立ち上げた独自のコスメブランドPHOEBE BEAUTY UPでヒット作が飛び出すなど、年商は17億円弱と右肩上がり。

PHOEBE BEAUTY UPは、女性たちが願う「あったらいいな」の声にお応えして立ち上がったプライベートブランドです。

このプライベートブランドPHOEBE BEAUTY UP』を出す前に美容メディアを立ち上げています。


なぜ美容のメディアを立ち上げたのか


当時は大学生であったため、商品は売れない。

特別スキルもない中で出来ることはSNS運用で売れるコミュニティを作る必要があると考えたそうです。そこで、美容のメディアを立ち上げ、その中で、美容メディアのファンの人たちの声を聞き、どういう商品が欲しいかアンケート調査できると思い立ち上げました。


女性経営者ならではの壁


現在では、美容業界で一躍脚光を浴びることになっている尾崎美紀代表。

女性経営者で活躍し続けると批判する声もあり、ネット上では「偉い男性と寝たんでしょうねぇ」「パトロンのおかげでしょ」という反応が相次いだとか。「若い女性経営者の成功には何か裏がある」という古い価値観に基づいた偏見と嫉妬があったそうです。

しかし、そういった事実はありません。


企業経営1年目は、自宅で活動。携帯をみながら自分のメイクしているところを動画撮影し、アプリで編集。投稿してフォロワーを増やしていくということを地道にやってきたのだとか。努力してきた積み上げがあったからこそ、今のプライベートブランドを立ち上げるという結果に繋がっています。


女性最年少上場を狙う


現在でも女性も男性も同じ経営者であるにも関わらず、『女性』経営者とついてしまったりするものです。そういう壁を無くすために最年少社長での新規株式公開(IPO)を目指しています。

『女性が成功することに対して当たり前の社会を作る』そうすれば、この人頑張っているんだなということが当たり前のようになると言っています。


さいごに

経営者として成果をつくることは地道な努力が必要であり、どうやったら商品が売れるようになるのか、何が必要なのか考えてSNS運用などを地道にコツコツとやってきたことが今の結果の土台になっていると思います。

女性経営者として活躍することが当たり前のような社会。

壁がない社会になれるように私たち会社員としても尾崎美紀代表のように日々努力し、社会への貢献や作り出す成果で明かしていく必要があると感じました。


それでは、また。次回のブログで。



参考サイト

https://times.abema.tv/articles/-/10023138



株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)


ウェルビーイングなヨガ

こんにちは、西野です!


身体の調子を整えるにはヨガがいいと聞きます。

「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。

心と身体、魂が繋がっている状態のことを表しています。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。

ウェルビーイングライフをつくる株式会社ZEN PLACE(以降 zen place) は、「ポーズの美しさよりも、大切なこと」というヨガプログラムのコンセプトを刷新しました。


zen placeのyogaは、ストレッチや体操、筋トレやフィットネスを目的としたヨガではありません。瞑想を起点に「本当の自分」を知り、明るく前向きにウェルビーイングに生きていくために考え抜いたzen placeオリジナルで正統派のハタヨガ、その名も「モダン・ヨガ」です。 


※ハタヨガとは、正しい呼吸法をおこないながらポーズをとり、精神面のバランスを整えることを目的としたヨガです。


「モダン・ヨガ」は、1950-60年代のヨガの本質を取り入れ、人がヨガにあわせるのではなく、人にヨガをあわせます。今この瞬間に意識を向けて、自分にとって最適なアライメントを探求し、ポーズの美しさよりも身体の機能性を重視しています。


※アライメントとは、“理想的な骨と骨格筋の配置”のことです。


zen placeの新しいグループレッスンは、全ての存在が本質的に善であるということに気づき「本来のありのままの自分」に戻るためのヨガクラスです。 

身体、心、精神を統合させて自分自身の深い部分とつながり、さらに、自分という枠を超えて他者ともつながる一体性を実現できるようになることを目指しています。


引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000227.000043196.html


他者との一体性とは、固定概念を捨てて/放し、脳が溶けて心がひらいた感覚・状態になり、自然な前向きさと楽観性が生まれ、自分に向きすぎた過剰な関心が薄くなり、その意識を他に分散させることができるそうです。

一体性を実現することで、互いを認め、尊重し合い、人生に関わる全てのものに感謝の気持ちを持つもの=善という存在であるもの、自分よりも大きなことに目を向け考えられるようになるようです。


ヨガとはまさにウェルビーイングなのですね。

私自身もこのようなヨガに挑戦して、ウェルビーイングに直結する行動をしようと思いました。


それでは、また。次回のブログで。



参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000227.000043196.html


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

エシカル消費につながるショッピングサイト

こんにちは、西野です!


スーパーで買い物をして、この食品は安いなと思ってついつい買ってしまい、そのまま食べるのを忘れて消費期限がきれてしまうことがありませんか?

よくないのですが、たまにやってしまいます💦


一般的なスーパーやコンビニなどでも売れ残った食品は廃棄されるというニュースを見ることも多いのではないでしょうか。


このようなフードロスが多いと、食品を焼却処理する際に排出されるCO2が地球温暖化の要因となる温室効果を助長します。フードロスが増えることで、結果的に地球温暖化を進行させてしまうのです。また、世界には、貧困により満足に食べ物を得られない人々が多くいる中で、本来食べられたであろう食品が捨てられています。食料資源が有効に活用されていないと言える問題があるため、今後解決するためにエシカル消費につながる買い物や廃棄するものを減らすことが必要であると言えます。


そこで、株式会社クラダシは、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を最大97%OFFでお客さまへ販売し、売上の一部を社会貢献活動団体へと寄付する日本初・最大級の社会貢献型ショッピングサイト『KURADASHI』を立ち上げています。

引用元:https://www.kuradashi.jp/about


食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り販売しています。

さらに、環境保護や動物保護の団体、クラダシ基金など、様々な社会貢献団体を支援しています。


クラダシの「インターネットを活用し、廃棄対象の食品と消費者ニーズをマッチングさせてエシカルな食育を普及・推進する取り組み」が評価され、農林水産省主催による「食育活動表彰」の「消費・安全局長賞」を株式会社クラダシは受賞されています。


食育活動表彰というのは、農林水産省がボランティア活動、教育活動、農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動を通じた食育関係者の取組を対象として、その功績を称えるとともに、その取組の内容を広く国民に周知し、食育を推進する優れた取組が全国に展開されていくことを目的としています。


農林水産省に表彰されるのは、とても素晴らしいことですね。

クラダシは、地域の活性化などに配慮した商品やサービスを「消費」する「エシカル消費 」も行っています。さらに売り上げの一部をNPO等社会貢献活動団体へ寄付する仕組みを構築し、環境保護や医療支援などの社会課題の解決にも貢献しており、すごいと思いました。


クラダシは「日本で最もフードロスを削減する会社」をビジョンに掲げていて、2014年よりフードロス削減を事業として取り組んでいます。さらに多くの方々とともにこの問題に取り組む必要があり、今後もサービスを発展させながら、食品事業者や地方自治体、大学等の教育機関と連携することで『持続可能な食』の実現を牽引するソーシャルグッドカンパニーを目指していくそうです。


エシカル消費が出来るような取り組みや活動をしていくには、クラダシのような社会貢献型サイトなどを使用していく必要があるのではないかと感じました。まずは、利用してみるところから始めてみようと思います。


それでは、また。次回のブログで。



参考サイト

https://hedge.guide/news/kuradashi-202204.html

https://www.kuradashi.jp/about



株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)


【SDGs】フェアトレードって何?そのメリットと課題とは。

こんにちは。株式会社ANスタッフの小泉です。

 

皆さんは、『フェアトレード商品』をご存じですか?
言葉自体は聞いたことがあるかもしれません。
しかし、フェアトレード商品について正確に何かを知っている人は意外に少ないかも。
今ではスーパーマーケットやコンビニでも簡単に購入することができるほど世の中に浸透しています。
今回のブログでは、この「フェアトレード商品」についてご紹介していきます。

 フェアトレードとは
まずフェアトレードについて説明します。
フェアトレードとは「発展途上国との貿易において、フェアなトレード(公正な取引)をすることにより、途上国の人々の生活を助ける」制度のことです。

引用:https://sdgs.kodansha.co.jp/news/knowledge/38329/

 皆さんが買い物をする中で、すごく安い食料品や洋服などを目にしたことがあると思います。
消費者の我々からすると、安いことは良い事と考えますが、その背景には弱い立場にいる開発途上国が犠牲となっている可能性があります。

また低価格を維持するべく、低コスト・大量生産のため大量の農薬や化学肥料を使用し、人体や環境に悪影響を与える原料を使用して生産していることもあります。
そういった見えない問題を防ぐために生まれた制度が「フェアトレード」であり、その制度にのっとった商品が『フェアトレード商品』となります。
実は『フェアトレード商品』は身近な商品が多く、チョコレートやコーヒーなどの食料品や日用品がほとんどです。

 フェアトレード商品がもたらすメリット
ではフェアトレード商品を購入することで何ができるのでしょうか。
メリットは3つあります。

 ○生産者とその家族の生活を守る
フェアトレードでは、継続的に適正な価格で取引することで安定した収入や、安心・安全な労働環境を確保することができます。
そのため、フェアトレード商品を購入することにより生産に関わる人やその家族の衣食住、健康的な生活を守ることにつながります。
生活が安定すれば児童労働は不要となり、子供たちは教育を受けられるようになるため、将来の選択肢が広がります。

 ○自然環境を保護できる
フェアトレード商品に使われる原料は、最小限の農薬や薬品を使用して生産されるため、必要以上の化学物質を使わず、環境に優しく生産を続けることができます。
生産地の自然環境を守ることは、持続可能な生産に繋がります。

 

引用:https://sdgs.kodansha.co.jp/news/knowledge/38329/

○経済的自立支援ができる
フェアトレード商品は売り上げの一部が開発途上国の経済的自立の支援のために使われています。
それにより、生産者の生活を支えるインフラや教育環境などの経済基盤が整い、経済的に自立した地域が増えていきます。

 メリットが多く見える『フェアトレード商品』ですが、デメリットとして値段が高いということが挙げられます。
しかし適正な価格で取引するためには必要なことなので、「フェアトレード商品以外のモノが安すぎた」と認識を改めるていくことが必要だと私は考えます。

 

◇認められた証「国際フェアトレード認証ラベル」
ではどのような商品が『フェアトレード商品』なのでしょうか。
それは「国際フェアトレード認証ラベル」のついた商品です。


引用:https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_license.php

「国際フェアトレード認証ラベル」とは、国際的なフェアトレード基準をクリアしたことを証明するものです。
マークを見るだけで、生産者や環境に優しい商品であるということが分かるため、覚えておけばすぐに判別できます。
実際の商品としてはセブンイレブンで販売している「ハイカカオチョコレート」、トップバリュより販売している「オーガニックジャム」などが挙げられます。

 

◇社会に貢献できる第一歩
意外と私たちの身近にあるフェアトレード商品。これは開発途上国の生産者を支えるだけでなく、品質を守っているため私たち消費者の安心や安全も考えられています。
これからフェアトレード商品を購入する人が増えれば、より支援の輪が広がっていき生産者の方の生活を支えることができます。

まずはフェアトレードという概念を知っていくこと、
その上で気軽に買えるフェアトレード商品を購入し、世界中の適正な取引に貢献していきませんか。

 では、また次のブログで。

 

参考URL:https://www.cuc.ac.jp/om_miraitimes/column/u0h4tu0000002cxc.html
https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_license.php
https://www.fairtrade-jp.org/products/

サスティナブルなコーヒー専用の急須

こんにちは、西野です!


最近は、起床後にコーヒーをそそぎ、本を読みながら朝日をみるのが日課です。


みなさんコーヒーの淹れ方はどうしてますか?

私はペーパードリップ式で淹れています。


ペーパードリップ式というのは、日本で最も多くの方が利用しているれ方です。


ペーパードリップ式にはコーヒーフィルターが必要です。

コーヒーフィルターは、使用すると毎回交換する必要があります。

エコではない、と思った方もいるでしょう。

しかし、ついにその交換が必要なくなる時代が来ました。


フィルターも元は紙。

紙の消費がなくなるだけでも環境にいいですよね。

近年よく聞くペーパレス化ですが、紙の製造工程から廃棄するまでにCO2が発生しています。紙を利用する事はCO2排出量の増加に繋がり、地球温暖化を加速させて環境破壊に繋がっているといわれています。

例えば、A4のコピー用紙は1枚あたり約4.6gなので、A4のコピー用紙の製造過程において1枚あたり約7gものCO2が発生しているのだとか。

そこで、『珈琲急須』という商品を、健康雑貨品を企画開発する株式会社アメイズプラスという会社が開発しました。✨


この珈琲急須は、2分待つだけで簡単に抽出できることが特徴です。

さらにコーヒーを淹れた後は、中身を捨ててそのまま洗うだけ。

使い捨てのペーパーフィルターも必要ありません。

軽量&小型設計でコンパクトながら最大2杯分まで同時に抽出が可能です。


珈琲急須には、急須生産量日本一の「常滑焼」を使用しています。

常滑焼は約1,000年の歴史をもつ、瀬戸や信楽と並ぶ「日本六台窯」のひとつです。吸水性の高い陶器の特性を活かすため、内側には釉薬を塗っておらず、表面に凹凸があります。この凹凸が雑味の原因となる成分を吸着し、角が取れてまとまった味に。

雑味がない分、コーヒー本来の旨味やコクを楽しむことが出来るそうです。


ちなみにペーパードリップ式では、紙で漉すという特徴があり、コーヒーの雑味を紙が吸収し旨味やコクなどの良い部分だけが綺麗にカップに落ちてくる、という見方もあれば、コーヒーの良い風味がつまった油分(コーヒーオイル)が紙に吸収されてしまうので物足りなく感じる、という見方もあるようです。


​​

比較してみると、この珈琲急須は、旨味やコク以外の雑味などが控えめになっている点が明らかですよね。

味のクオリティも保ちながら、しかもサスティナブルで地球にやさしい商品。

この珈琲急須は、クラウドファウンディングサイト「Makuake」で先行販売をしたところ、わずか1時間足らずで目標を達成しました。

応援金額1,000万円を突破しており、かなりの人気となっています。


引用元:https://www.makuake.com/project/pocketfilter/


どうしてもドリップ式がいいという方は、以前にもコーヒーフィルターが不要のドリップ式を開発してますのでそちらもサスティナブルですし、使用してもいいかもしれませんね。


それでは、また。次回のブログで。



参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000020042.html


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【SDGs】新たな経済の形「サーキュラーエコノミー」とは

世界が取り組むべきSDGsがスタートし、残された期間はあと8年となりました。

SDGsを達成するための取り組みで最近注目を集めている一つに「サーキュラーエコノミー」が挙げられます。
これはヨーロッパを中心に世界中で注目されているビジネスモデルのひとつです。
今回はこの「サーキュラーエコノミー」について日本でも行われている取り組みも交えつつ、ご紹介していきます。

◇サーキュラーエコノミーとは
「サーキュラーエコノミー」とは、日本語で「循環型経済」を意味します。
これまでの大量消費・大量生産を行う経済は、「リニアエコノミー」と呼ばれていました。これは「生産して、売って、使って、捨てる」という直線を引くような流れで進む経済の事を指します。

一方「サーキュラーエコノミー」では、「生産して、売って、使って、捨てずに資源として利用する」というプロセスが基本です。
円を描くように資源が循環する経済システムで、廃棄物がほぼ出ないのが特徴といえます。

引用:https://www.bridge-salon.jp/toushi/circular-economy/
日本での認知度はまだ低いですが、環境省経済産業省は、この「サーキュラーエコノミー」がこれからの経済発展の鍵になると期待しています。

◇「サーキュラーエコノミー」の必要性とは
SDGsを達成するべく、持続可能な社会の実現に欠かせない「サーキュラーエコノミー」ではなぜこの考え方が今注目を浴びているのでしょうか。
理由は二つあります。

1つ目は、気象問題の解決に繋がるためです。
「サーキュラーエコノミー」の推進を2倍拡大することで、2032年までに、2019年の温室効果ガス排出量591億トンのうち、「39%」を削減できると言われています。

2つ目は、市場規模が大きいためです。
現在、限りある資源などを効率的に利用すれば、世界で「約500兆円」の経済効果があると言われています。今まで捨てられてきたものが、自然や経済を豊かにするものに生まれ変わるというシステムは、とても価値があると言え、今後の世界に必要となってきます。

◇日本企業による「サーキュラーエコノミー」の取り組み
実際に日本の中でこの考え方を取り入れ、ビジネスモデルとして展開している企業があります。それは化粧品メーカー最大手の「資生堂」です。
資生堂」は、2025年までに自社で取り扱っている化粧品容器を、リユース・リサイクル・生分解可能のいずれかで、100%循環する容器包装を実現するという目標を発表しました。

2020年には銀座にある店舗限定で、空になった美容液ボトルを洗浄して詰め替えるサービスを開始したり、自然の力で分解される「SHISEIDO アクアジェルリップパレット」を発売開始したりするなど積極的な「サーキュラーエコノミー」への取り組みをみせています。

引用:https://brand.shiseido.co.jp/shiseido-aquagel-lip-palette-F22401.html

◇循環型経済の実現のために
「サーキュラーエコノミー」の考え方は、日本ではあまり知られていませんが、世界のビジネス業界では注目されている経済システムです。
個人的にも循環型経済が実現できるように、環境にやさしい商品選びや、リサイクルへの協力など、身の回りの行動から近づけていこうと思います。

では、また次のブログで。

参考URL:https://www.kokuyo-furniture.co.jp/solution/mana-biz/2021/12/post-625.phpindex.html
https://www.bridge-salon.jp/toushi/circular-economy/

https://brand.shiseido.co.jp/shiseido-aquagel-lip-palette-F22401.html