【SDGs】自然や人に優しい環境保全米を食べよう

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。

 

先週、親から仕送りとしてお米が届きました。

届いたお米は本当に美味しく、親にはいつも感謝しています。

 

お米は昔から日本人が主食として食べられてきたものですが、現代ではパンや麺類などを主食にする人も増えているようです。

 

2021年の調査で農林水産省によると米食の割合が41.1%と最も多く、次いでパン食18.7%、麺類14.1%、「その他」(おかずのみや、フルーツやお菓子主体の食事)10.3%とのこと。

男女別では、男性は比較的パン食、麺類が多く、女性は米食が多い傾向があるようです。

 

SDGsが注目されている昨今、、主食にする人が多いお米もSDGsのものを選びたいですね。

 

SDGsのお米として環境保全米というものがあります。

今回は、環境保全米についてお話ししていきます。

 

◆農業は環境に良くない?

 

 

お米を作る農業は、畑も水田も自然に構築されることはなく、作物は人為的な選抜・交配を繰り返して今日の形質に進化してきました。畑を開墾すればその地の生態系は破壊され、人間の手で本来そこになかった資源や生物が運び込まれます。

 

森を切り拓き、草原を切り拓く、まずこのことが環境の破壊につながります。自然環境を破壊しなければ、畑というものはできないのです。

 

しかし、畑や田んぼが出来た事象は変えられないので、これからどうするべきかが必要だと感じます。

 

私たち消費者は、SDGsの観点で作られた環境保全米を消費していくのがいいのではないかと思います。

 

環境保全米とは

 

環境保全米」は、環境保全型の生産方式でつくられたお米です。

地域の生態系や景観を守ることや、地球温暖化抑止などの目的がセットになっているのが特徴。

 

 

例えば、みやぎの環境保全米があります。

みやぎの環境保全米は、農薬や化学肥料の使用量を半分以下に抑えることで、環境と人にやさしいお米づくりを行っています。

農薬や化学肥料の使用量を減らすことで、栽培している地域の環境(水・土など)への負荷を軽減させ、きれいで豊かな生態系の維持に貢献しているようです。



◆さいごに

 

農業は私が思っていたより、環境問題が出てくることがわかりました。畑や田んぼを作ることが森林を伐採すること、土壌を変化させてしまうことになり、それが環境破壊に繋がっています。環境のために私たちができることはSDGsに貢献できるものを選択することだけだと思っています。国全体が環境に良いものを選択することで、米などを生産している生産者も今回の例であった様に、環境保全米に変えていくような気がします。

私自身もどのようなものがいいのかと自分で選択して購入します。

 

それでは、また。

 

参考サイト

https://smartagrifood.jp/?mode=f147

 

株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

 

【SDGsに貢献】くら寿司の魚乱獲対する取り組みや出張授業

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。

 

先日友達につれられて、お寿司を食べにいくことになりました。久しぶりの寿司でしたので少し多く食べてしまいました。

 

寿司の大手チェーン店といえば、くら寿司などがありますね。

 

大手チェーンのくら寿司は現在SDGsに取り組んでいます。

くら寿司の取り組みは、海への環境問題や乱獲などの課題に対して行われています。

◆現在の海の状況はどうなの?

 

現在、世界では水産資源の乱獲が問題となっています。

国連食糧農業機関(FAO)の発表では、世界の水産資源の3分の1が獲りすぎの状態なのだそうです。

 

漁獲枠に余裕があるのはわずか10%未満。持続可能な水産資源に頼る世界の数千万人の生活を脅かしていると言われています。

日本だけだと2019年の時点で世界の平均を上回る50%が獲りすぎの状態にあります。

 

しかし、日常で過ごしていると魚が減っていっていることに気づきにくいかもしれません。養殖業に力を入れ始めたことや、輸入品に頼っていることなどが原因であるそうです。

 

くら寿司が取り組むSDGs

 

くら寿司は、この限られた水産資源を守るために2019年6月から「天然魚 魚育プロジェクト」をスタートしました。

大手回転寿司チェーンでは初めての取り組みです。

漁業の際に未成魚という魚の子供が一緒にかかることがあります。魚の子供は無料同然で市場で売買されるか、海に戻してもその多くが他の魚や鳥に食べられてしまうのだとか。

くら寿司はこの未成魚を寿司ネタにできるサイズまで育て、最終的には商品価値の高い成魚として出荷しています。

魚を養殖していくのにも、当たり前ですが餌が必要となります。

現在、養殖魚の餌の高騰による魚価の変動、また水産資源の管理や海洋環境の保護が注目されるためくら寿司は、国産天然魚の食べられない部位を活用する「さかな100%プロジェクト」をスタートしました。取り組みとして魚の約40%にあたる骨やアラといった食べられない部位を魚粉にし養殖魚餌にしています。

海の資源を余すところなくお客様に提供したいという思いから生まれました。この取り組みで業界初の「循環フィッシュ」が生まれました。

 

「循環フィッシュ」が増え、餌を完全に賄えるようになるといいですね。

 

◆子供達にも伝えるくら寿司

 

9月2日にくら寿司は、“低利用魚”をテーマとした出張授業を小学生に向けて開催しています。

 

未来を担う子どもたちと一緒に世の中の様々な課題解決に向け、ともに考え成長したいという思いから開催されています。

 

SDGs学習に特化した出張授業は、大手回転寿司チェーンでは初めての試みで、今海で起こっていること、食の現場で起こっていることを映像や模型を利用して学びます。

 

お寿司屋さん体験ゲームをして何のネタにどのくらい注文が入るかを予想して「作る側」「食べる側」を体験。食べられた寿司皿の枚数を競ったそうです。

ゲーム終了後は、食べられずに余ってしまった寿司(サンプル)を使って「食品ロス」について考えます。

 

自分達の食に関するものなので子供達も考えさせられる内容ですね。

 

◆さいごに

 

海の幸の乱獲などの問題がある状況で、くら寿司が初めて業界初の取り組みをしています。

 

SDGsに率先して取り組む姿が素敵です。

 

養殖が進み私自身も乱獲問題が解消されていっているという思い込みがありましたが、実は魚が減っていっていることを記事を読んで知りました。

記事や会社がどのような取り組みを行なっているか知ることによって自分の知らなかった今の環境を深く知る機会になります。

今後も知ることによって私自身も現状の問題についてわかることがあり、個人としても出来ることがあるので調べていこうと思います。

 

それでは、また。

 

参考サイト

https://www.kurasushi.co.jp/mirai/sdgs.html

https://www.ssnp.co.jp/foodservice/486646/

 

株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【サスティナブル消費を広める】環境問題への意識が高い中国の取り組み

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。

 

先日、中華料理を友達と食べに行くことがありました。中華料理に行くとなったら真っ先にエビチリを頼みます笑。

エビチリは中々家で作ることのない料理で、エビのプリプリ感がたまらなく好きです。

 

余談ですが中華料理は中国料理とは別物で、日本人に合うようにアレンジされた中国風料理のことだそうです。

 

中国といえば流行に敏感な人が多そうな国ですが、最もサスティナブル消費の意識が高い国だと言われているそうです。

環境保護に関する動画再生が高い

 

ソーシャルメディアの1つTikTokを利用している人も多いかと思います。

 

中国では、2022年2月の時点でTikTokの『#環境保護』というシャープのタグが付いている動画の再生回数がなんと60.3億回に達しているとのこと。

 

無数に存在するタグですがその中で60億回にも及ぶ再生数となっているのは本当に環境保護に関心があるからですね。

 

◆現在の中国の現状

 

中国は2018年時点でCO2排出量の世界全体の28.4%も占めるCO2排出量が多い国でした。

 

中国でCO2排出量が多い主な原因は、石炭消費量の多さにあるそうです。中国は一次エネルギー消費量が世界で1番多く、2018年度は32.7億トンを消費しています。このうち58.2%を石炭が占めているそうです。

 

このCO2が多い環境で育った若い世代は、環境保護について意識せざるを得なかったのかなと個人的に思いました。

 

◆国や事業としての取り組み

 

現状を中国は受け止め様々な取り組みを行なっています。

例えば現在普及してきている電気自動車ですが、消費者は購入時に税制優遇措置と補助金を受けることができます。

宏光ミニという車名の小型の電気自動車が中国で人気を集めています。約49万円という価格の安さが、国民へのEVの普及拡大につながっているようです。

引用元:https://s.response.jp/article/2021/08/02/348265.html

 

他には、過剰な注文をして食べ残した客に対して、飲食店側が処分費用を請求できるようになっている制度も存在するそうです。

私は学生時代に飲食店のアルバイトで洗い場を担当させてもらった時がありますが、食べ残しが多くとても勿体ないなと感じたこともあり、このような中国の制度は素晴らしいと思います。

 

◆さいごに

 

中国は、小さい頃からニュースを見ていると正直排気ガスにより周りが曇って見えるという印象が強かったのですが、かなり意識的に取り組んでいることがわかりました。

このことからSDGsが広まってきてから世界的に取り組んでいっている印象が強くなりました。

 

日本では、まだ中国のように割引や制度でSDGsを普及させる文化があまり広まっていないからこそ、一人一人が意識してサスティナブルな消費をしていくことが大事だと思います。

 

それでは、また。

 

参考サイト

https://manamina.valuesccg.com/articles/1899

https://earthene.com/media/217

 

株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【フードロス問題】スキンパックでSDGsへ貢献

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。


私はよく自炊する人なので、スーパーによく行きます。夏なので夏野菜とかもいいですね。

お肉は安い豚肉や鶏肉を購入します。

安いと一気に購入しがちで、使わずに捨ててしまうことも……。現在フードロスの問題もあるため、適切な量を購入するべきですね。


スーパーで行われているフードロスへの取り組みとしては、「スキンパック」の使用があるようです。


◆スキンパックとは


そもそも「スキンパック」とは何か皆様はご存じでしょうか?

「スキンパック」とは、商品と台紙の間をすき間なく熱で圧着することにより、完全に密封・真空パックすることが可能な包装形態です。

引用元:https://chizaizukan.com/property/253/


「スキンパック」はヨーロッパで使用されることが多い包装方法なのですが、アメリカやアジア圏にも少しずつ浸透してきているようです。


◆フードロス問題


人口増加が見込まれる現在において、畜産産業を広げすぎて良いものか?と疑問視されているところがあるようです。


総務省によると、食品は年間570万トン廃棄されているようです。国民一人当たり年間約45キロを廃棄している事になります。

事業系食品ロスは309万トン。54%が食べられる事なく破棄されているのが現状だとか。



現状、今回紹介する「スキンパック」は日本でも広まってきていますが実際に手に取ってくれるかは別で課題となっているようです。


消費者の意識改革がキーポイントなのだそう。


◆スキンパックをすることでSDGsに貢献!?


スーパーは「スキンパック」を利用することでSDGsに貢献でき、消費者だけでなくスーパーにとってもメリットとなります。

それは、製品を長期間保存することができるという点です。


「スキンパック」をすることによって、製品とフィルムの間を真空状にします。

真空状にすることによって、空気に含まれる酸素や微生物による酸化や腐敗を抑えることができるのです。


長期間保存可能なので、食品廃棄にかかるコストも減らすことができる点が大きいメリットになるそうですよ。


この「スキンパック」によって現在問題となっているフードロス削減へ貢献することができます。


◆さいごに


今回は、SDGsに貢献することができる「スキンパック」についてご紹介しました。

私もそうでしたが「スキンパック」について知らない消費者が多いことも課題であると思うので、より多くの人が理解し、スキンパックの商品を選ぶことが大切だと思います。理解することでSDGsに自然と貢献できることも多いのではないでしょうか?


スーパーでの「スキンパック」普及、そして理解。さらに一般家庭にも「スキンパック」が普及すれば、家庭で廃棄する食品がさらに少なくなると思います。


私自身もどういう行動がSDGsに繋がっていくのか理解して行動していきます。


それでは、また。


参考サイト

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f31831eca6ab24cb6863075b8dba42dff81c6a1


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【サスティナブル素材に】ペットボトルをペットボトルへリサイクル

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。


最近暑いのでついつい近くにある自販機で清涼飲料水を買うことがあります。

暑い時期にすぐ冷えた清涼飲料水を飲めて自販機は素晴らしいですよね。


清涼飲料水の中でもコカコーラは、大人になっても買ってしまう商品です。

子供にも大人にも人気なコーラです。

引用元:https://www.cocacola.jp/spn/


コーラを製造・販売しているのはコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社。


コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社はサスティナブルな取り組みとして、「ボトルtoボトル」という取り組みを実施しています。今回はその取り組みについて紹介していきます。


◆ボトルtoボトルとは


ウエルシア薬局店頭に使用済みペットボトルの回収ボックスを設置。そこから回収されたペットボトルは再生ペット樹脂メーカーの協栄産業株式会社により収集され、同社工場にて粉砕・洗浄などの工程を経て、ペット原料として再原料化されます。再生されたペット原料は、当社各工場にてコカ・コーラ社製品の容器に使われます。

ウエルシアと協栄産業株式会社、コカコーラの3社は手を組んで「ボトルtoボトル」を実施しています。


◆ボトルtoボトルは環境にいい!


コカコーラは、使用済みのPETボトルを製品のペットボトルに生まれ変わらせる「ボトルtoボトル」のリサイクル活動に取り組んでいます。この「ボトルtoボトル」リサイクルは、環境負荷の少ないペットボトルの製造が可能です。

引用元:https://www.ccbji.co.jp/news/detail.php?id=1310


「ボトルtoボトル」を実施することによりCO2が60%も削減されるそうです。


「ボトルtoボトル」実施することによって半分以上もCO2が削減できるのは素晴らしいですね。


◆環境問題について取り組むコカコーラ


コカ・コーラシステムは、さまざまな取り組みを通じて、全体で年間約26,000トンの温室効果ガス(GHG)排出量と、約29,000トンの新たな石油由来原料からつくられるプラスチック量の削減を実現する見込みなのだとか。


コカ・コーラは「ボトルtoボトル」を推進し、「容器の2030年ビジョン」において、2030年までにリサイクルペット樹脂または植物由来ペット樹脂を使用したサスティナブルなペットボトルの割合を100%にする目標を定めています。


サスティナブルなペットボトルにすれば環境問題への解決に多く貢献しそうですね。


◆さいごに


コカコーラは、サスティナブル素材を使用した

ボトルtoボトルの取り組みは2020年9月から始まり、栃木県内のウエルシア一部店舗(11店舗)にPETボトル回収ボックスを設置してから2022年2月には、茨城県(113店舗)に対象地域・店舗を拡大しています。


エリアを拡大することで、回収ボックスにペットボトルを入れる人が多くなるのでさらにCO2の削減に繋がりますね。

日本中に広まっていけばより環境問題に貢献出来ると思います。

私は東京に回収ボックスが出来たら積極的に回収ボックスを使用していきます。


それでは、また。


参考サイト

https://www.ccbji.co.jp/news/detail.php?id=1310

https://www.ccbji.co.jp/csv/environment/?id=tab3



株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【バイオ洗剤で綺麗に】人や環境に優しいエシカルな洗剤

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。


私は友達とよくカフェへ行くことがあります。

前月に友達とカフェへ行った時なのですが、友達が手から飲み物の容器が滑ってしまい、服にかかってしまったということがありました。


友達にその後、服に出来た飲み物の汚れは取れたのかと聞いてみると軽くしか拭かなかったため中々洗濯しても汚れが取れないとのこと。


大丈夫であろうと放置していると、中々頑固な汚れとなってしまいます。


このように飲み物などによる汚れが原因で、服を捨ててしまうしかない……という経験は皆さんもあるのではないのでしょうか?


最近はSDGsエシカルが一般的に広まっています。流れていった洗剤が海や川の汚水となってしまうのも気になる所です。


環境に優しく、汚れもしっかり落とす洗剤がベストですよね!


今回は、汚れをしっかり落とすことができるエシカルなハウスクリーニング会社「株式会社エシカルノーマル」が開発したバイオ洗剤について話します。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000098764.html


◆タンパク質汚れを分解する洗剤


今回「株式会社エシカルノーマル」が販売した洗剤は、液体酵素によって食べこぼしや飲み物の飛び散りなどのタンパク質汚れを分解する洗剤です。

タンパク質汚れを分解してくれるので、ワイシャツの黄ばみや汚れがついてしまっている服に効果的です。


◆普段の私たちが使用している洗剤


私たちが普段使用している洗濯用洗剤には「界面活性剤」という成分が含まれていることがあるといいます。


界面活性剤とは、「水と油を混ぜ合わせる」「物質から汚れを剥がす」「汚れが下地に再び付かないようにする」といった効果があり、汚れを落とすのに非常に優れています。

液性も中性で安定しているため、汚れが付着している箇所の材質を気にせず使うこともできる洗剤です。


しかし、人工的に合成した「合成界面活性剤」は、生物の体内で代謝することができません。そのまま海や川に排水すると、自然界にそのままの形で残り続けることになることから生き物の棲めない環境となってしまうのだとか。


参考サイト

https://www.osoujikakumei.jp/column/archives/250


◆バイオ洗剤は人にも環境に優しい


「株式会社エシカルノーマル」が販売した洗剤は、天然成分を使用しているエシカルなバイオ洗剤です。

普段は洗剤が皮膚に触れてしまうと痒みが出てしまうことがあると思います。天然成分を使用することによってそういった問題も解決することができるのです。

使用後の廃液は水と二酸化炭素に分解され、環境への負荷も少ないのも特徴です。


◆さいごに


現在私たちが使っている洗剤と新たにできたバイオ洗剤は汚れを落とす効果はどちらも素晴らしいと思いますが、人にも優しく環境にも優しいバイオ洗剤を使うことで地球環境に貢献することができます。


皆さんも普段から使用している洗剤をバイオ洗剤に変えてみてはいかがでしょうか。

私自身、私生活から環境に良いものを使っていきます。


それでは、また。


参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000098764.html


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)

【食べるからリサイクルまで】“植物生まれのプッチンプリン”で子供たちもSDGsの参加者に

こんにちは、株式会社ANスタッフの西野です。


私は最近、運動不足解消や健康のためにランニングを始めました。運動をしてカロリーを消費すると私は何か甘いものを摂取したくなります。

ついつい食べてしまうスイーツはプリン。


プリンは子供の頃から食べてきており、いつまでも飽きることはありません。

ランニング後でもプリンがつるっと入ってきてなめらかな口溶けでたまりません。


私の中でプリンといえばGlicoの「プッチンプリン」。

子供の頃には、プッチンプリンが大好きで近くのスーパーでよく母に買ってもらっていました。


そんな「プッチンプリン」ですが、いつの間にかSDGsな“植物生まれのプッチンプリン”へと進化していたのです。

今回の記事では、プッチンプリンがどのようにSDGsに貢献しているかについて書いていきます。


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000289.000001124.html



◆そもそもSDGsとは?


プリンの話をする前に軽くSDGsとは何かについて説明します。


SDGsとは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。

2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。


SDGsには豊かさを追求しながら地球環境を守るため、17のゴール(なりたい姿)とゴールを達成するために169のターゲット(具体的な達成基準)が設定されています。


今回紹介するプッチンプリンの話は、17の目標のうちの1つ「つくる責任 つかう責任」に該当します。

引用元:https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/sdgs_logo/sdgs_icon/


◆容器は子供たち自身が回収ボックスへ、そして再資源化


Glicoグループは「環境ビジョン2050」の実現に向けてプラスチック容器においては、徹底したリデュース、リプレイス、リユース、リサイクルを実行し、使用するプラスチックの極少化、および再資源化を目指し活動しています。


子供たちが食べ終わった植物生まれのプッチンプリンの容器を回収ボックスに入れ、「プッチンプリンの文房具」へとリサイクルされ、ノートやペンとして自分たちもとに戻っていく仕組みを作っているとのことです。


すぐ使用したプラスチックを捨てるのではなくリサイクルして勉学に励んでいる子供たちのもとに届ける。このサイクルは環境のためだけでなく子供たちにとっても、非常に素晴らしいと思います。


◆植物性原料で多くの人が食べられるプリンへ


私の中では、プリンを作る材料といえば牛乳、卵、生クリームなどというイメージです。


ですがGlicoは、卵・乳アレルギーを持っている方や動物性原料を控える方にも食べてもらいたいという想いから植物性原料でプリンを作りました。


豆乳やきび砂糖などの植物性原料(プラントベース)で「プッチンプリン」のおいしさを実現しており、卵・乳アレルギーが原因で食べられなかった人も美味しく食べることができる製品になっています。


◆さいごに


私が小さい頃は、給食でプリンを食べられない子もいました。それが現在のプリンは植物性原料となっていて今までアレルギーで食べられなかったものが食べることができるようになり美味しさを皆んなと分かち合うことが出来て、本人だけでなく親御さん方もとても嬉しく感じていると思います。


さらに、使用した容器もリサイクルして子供たちの元に文房具として返すことで、リサイクルや環境問題についても身近に感じられるのではないでしょうか。


多くの人が食べやすくなった植物生まれのプッチンプリン

さらに食べ終わったら自分で容器を回収ボックスに入れることで、まさに生産側と消費側が連携しあう「つくる責任 つかう責任」が達成されると思います。


植物生まれのプッチンプリンは、子供たちを中心として開発されたものですが、地球にも優しいものです。

そして、今までアレルギーなどでプリンをあきらめていた大人にとっても嬉しい商品でもあるでしょう。

皆さんもぜひ食べてみてはいかがでしょうか。


それでは、また。


参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000289.000001124.html


https://gooddo.jp/magazine/sustainable-consumption-production/reuse/


株式会社AN

https://an-k.co.jp/home/)